ページトップへ

資産運用コラム

国債を実際に購入してみました。

某メガバンクで個人向け国債買ってみた体験記

◆はじめに

国債を実際に購入してみました。
国債を購入できる所、結局、何処で買ったか
購入前に必要なこと、購入後の感想をお知らせしたいと思います。

簡単な国債の概要は別記事にあります国債の紹介コラムをご覧ください。

 

◆国債を購入できる所

銀行か、国債の取り扱いがある証券会社になります。
財務省の個人向け特設ページで確認できます。

https://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/how_to_buy/

メガバンク、郵便局、地方銀行なら購入可能です。

今回はたまたま普通預金の口座を保有していた某メガバンクで
国債20万円分を購入してみます。
証券会社の口座も保有していましたが国債を扱っていない証券会社のようでしたので
こちら経由では購入を断念します。

◆キャンペーン

駅前の店舗型の証券会社では100万円の国債購入で1000円の現金プレゼント、
200万円で2000円、1000万で14000円というようなキャンペーンをやっていました。

今回、国債を購入予定のメガバンクはキャンペーン無しなのでそのまま購入します。

◆銀行窓口にて初回説明をうける

国債を購入したいと窓口で言うと、別室に通されて話を聞くことになりました。
国債の説明の前に、国債の年利は0.05%で低いのでこちらの金融商品はどうでしょうかと
積立NISA、IDECO、投資信託、外貨貯金の売り込みがありました。

国債の説明と次回契約時に必要な物の説明を受けて当日は終わりになり、
次回の予約をして終了です。

次回までに用意する、国債新規購入時に必要な物は下記の通りでした。

・マイナンバーカード又は、通知カード
・銀行届印
・通帳
・キャッシュカード
・身分証明書
・国債購入額と同額の現金

銀行口座にあるお金で国債を購入する為、あらかじめ国債を購入予定の額を
口座に用意する必要があります。

 

◆銀行窓口で契約

予約した時間に銀行を訪れた後、通された別室で書類を沢山書きます。
6枚くらい書きました。書いた書類を元に国債用の口座を新規開設したり色々審査をしているようで
終わるまでに結構時間がかかります。

最終的に終わるまで90分くらいはかかりました。

重要事項説明を受けて質問がなければこれで終了です。

固定5年の利率0.05%国債を20万円購入しますので年間の利息は100円(税引き前、税引き後79円)です。
半年毎に50円の利息(税引き前)が5年分、計10回通帳に記載されることになります。

担当者に確認しましたが、5年たつと元本の20万円が自動的に償還され
通帳に戻ってくる動きをするそうです。

◆特定口座と一般口座

利息が年2回、銀行口座のほうに振り込まれますが
申込用紙にこの利息に対して20.315%の源泉徴収ありの特定口座と
自分で利子所得として確定申告をして税金を納付する一般口座のどっちにするのか決める箇所があります。
少額でも確定申告をしないといけないので特定口座で作ったほうが良いですが、
特定口座を作るには国債の口座とは別に投資信託の口座もあわせて作らないといけないということなので
今回は一般口座で口座をつくることになりました。

銀行で国債を買う場合、初めに特定口座で国債の口座を作れるかどうか
確認したほうがいいと思います。
証券会社なら問題なく特定口座が作れます。

◆購入後

特になにかするわけではなく、年二回の利息、
年一回郵送されるの取引報告書を受け取りながら満期までただ待つ以外やることはないそうです。

後は、最低1年間は解約できないので注意することと、1年経過後に解約するとに手数料がかかるが
元本割れはしないということでした。簡単にいうと直近2回の利息(税引後相当)を手数料として支払うイメージだそうです。(今回の20万円の国債なら解約手数料79円)

 

◆まとめ

・テクニックも運用知識も不要なので家族・友人に勧めるにはアリ。
 日本株個別銘柄や外国為替取引を他人に勧めて損失がでたら恨まれます。

・利率はやはり低い。唯一今まで0.05%であった変動10年は3月販売分については0.09%だった。

・銀行に行くと、他の金融商品をお勧めされる。

・マイナンバーが必要。

・銀行・郵便局申し込みの場合、特定口座が作れる条件を確認すること。

・満期まで待たなくても1年保有すれば解約できる。解約料は直近2回の利息相当なので無視できる金額。

・国債を購入するなら100万、1000万以上購入で現金プレゼントの
 キャンペーンありきで購入したほうが良い。キャンペーンは証券会社がよくやっている。

◆最後に

以上、実際に国債を購入してみました。
安全資産の筆頭とはいえ、利率の低さが物足りない。キャンペーンの現金キャッシュバック狙いで
購入すると他にいい投資先があるのではないかと悩むところではあります。

良さそうな運用方法としてはキャッシュバックキャンペーン狙いで1年毎に100万円づづ買っていく、数年後、解約をした元本で国債を買う。元本が償還になったら、すぐに元本も次の国債購入にまわし、常時複数口の国債を保有していくようなやり方がよいのではないでしょうか。

◆メルマガ登録

下記ページで三光ソフランが発行しているメルマガ登録ができます。

メルマガ登録ページ

建築中物件の売り出し案内や、イベント案内、全5回初心者向けお役立ち情報を配信しています。

配信停止は本文中からいつでも停止できますので是非ご登録ください。